仕事何しているか聞かれた時

合コンなど初対面の人と会話をした時には必ずと言っていいほど職業を聞かれますよね。

合コンなんかでは職業の話で盛り上がる時もありますが、私は「何の仕事しているんですか?」と聞かれると少し困ってしまいます。

普通なら「警察官しています」とか「車の営業しています」とか言うんだろうけど私はアフィリエイターというインターネット広告業をやっています。

アフィリエイターって言いたいんだけどアフィリエイトって認知度が低く、言ってもわかんないから意味ないんですよね。

だからいつも「ホームページ作ってます」とか「ネット広告業やってます」とかって言うんだけどんみんな顔がクエッションマークなんだよね。

実際私自身も収入がめちゃくちゃあったらもっと胸を張って言えるんでしょうが、報酬が報酬だけに肩身が狭いです。

周りには何かすごいとか言われるけど何もすごくない。収入も人よりもしょぼいし何がすごいか分からない。

ただホームページとか作っているだけですごいって言われる意味が分からない。IT系ってかっこいいイメージがあるようですね。

とにかくアフィリエイターという職業が世間的にも認められればいいのですがね。与沢翼とかの影響でアフィリエイトのイメージって最悪な感じがします。

しかし稼いでる額がいくらなのか?っていうのが問題で、稼いでいたらアフィリエイターって言っても認められるのでしょうね。

とにかく何でおれはこんな周りの目を気にしているのかが分からない。気にせんと自分の選んだ道を突き進もう。